楽天ETCカードは無料で作れる?年会費はいつ引き落とされる?

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか持っていないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかし普通のキャッシュカードと思っていたらクレジット機能がついている場合もあるのでその場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカードで作れないかというとETCのゲートを通るときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としの方法にすると偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合に出口でゲートが開かず通れなくなってしまうからです。

車に乗る方の多くは便利なETCカードを作っていると思います。

免許を取ったばかりの方の中にはまだカードを持っていない方もいると思います。

すでに何かしらのクレカを使っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが特典を見てサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうと思っている方向けにどういった面を見てカード会社を選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなにETCが普及しているのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できるので渋滞に巻き込まれにくいことや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると普通車料金が現金、クレカ支払いで3090円なのに対してETC利用では800円と2000円以上違います。

また、元のクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。

ここ数年でよく決まったオフィスを持たないノマドワーカーという言葉を聞くことが増えました。

中には独立して個人事業主として活動する人も増えています。

個人事業主の場合、経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎に保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば法人口座からまとめて引き落としできるようにして経費参入しておきたいですよね。

その場合、高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと同じで法人用のビジネスカードを申し込むのが一番基本的な方法です。

しかし、法人用カードの発行は独立したばかりの人にとって1つの関門と言われるくらい審査に通りにくいようです。

皆さんはクレカの利用額はちゃんと管理していますか?カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

独立起業していてプライベート用や法人用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードの明細でも同じ処理が必要になります。

クレカでは各カード会社のwebサイトで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というwebサイトで過去の利用証明書発行や利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

最近ETCカードの作成について調べていたところあまり知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードは利用可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使い料金所スタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所係員に手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞の解消が目的とした部分が手渡しでは意味がありません。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことや様々なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんも車載器がついている場合はぜひETCで通行しましょう。

知っている前提で話が進んでいて何となくでしかわかっていないルールってありませんか?例えばETCの正しい使用方法はどうでしょう。

NEXCOのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車載器にカードを入れる際はカードの向きに気をつけましょう。

カードの向きが違う、しっかりと挿入されていないと状態では認識しません。

料金所のETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認とレーン内の速度は時速20km以下にして通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、レーン備え付けのインターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

ETCカードを使って高速道路の出口を通過する際、トラブルが発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

では、万が一出口でエラーが発生してバーが開かない場合はどうしたらよいのでしょうか。

走行中にエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

稀にこういったことが起こるのでETCレーンには時速20キロ以下で入っていくことになっています。

バーが開かない時は接触しないように停車しましょう。

その際、焦って車外に出ないようにしましょう、事故につながります。

停車後はバーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って長期休暇に遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

まずはじめにETCカードは購入するものではなく申し込みをして入手するものになります。

クレカなどのように申し込みをして取得するものになります。

一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカ会社がETCも発行しているなら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくETCも発行しているクレカを申し込みましょう。

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

夏休みに友達とキャンプなど遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの入手方法としては大きく分けて2種類があります。

各カード会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている方の場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社ごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が見る部分が年会費や更新費用でしょう。

年会費について大まかに分類すると1年間利用するしないに関わらず、年会費無料のタイプ、年間の利用額など条件付きで年会費無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプに分かれています。

更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だったら更新費も有料、無料だったら更新費も無料になっていることが多いです。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが皆さんも使っていますか?NEXCO東日本が調べた利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約9割が利用していたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

割引に関しても東京湾アクアラインを例にすると普通車のETC料金は800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

こういった話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で申し込み、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

買い物の支払いなどの場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速道路を利用しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?一例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付きますがETC利用でも同様のポイントが付きます。

付与率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、大半はETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

最近では少なくなっていますが、ポイント付与がないカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった面から選ぶのもいいかもしれません。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを発行するにはクレカを発行する必要があり、現時点でクレカを持っている方は追加申し込みで発行されるので問題ないですが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとにポイント還元率や年会費の有無など違いがあるので自分にあったクレジットカード・ETCカードを探してみてください。

高速道路の料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少し不明点があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果として言うとバイク用のETC車載機も販売されています。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式車載器」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が1箇所で済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動しないようにハンドル周りに設置することで操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。

参照:http://www.thegypsysneedle.com/%E6%A5%BD%E5%A4%A9etc%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E5%B9%B4%E4%BC%9A%E8%B2%BB%E7%84%A1%E6%96%99/

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを保有するのが不安でETCカードだけ作りたいという方も少なからずいると思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額を補償金として預け入れなければ使用できません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレカを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

皆さんはクレジットカードの利用額はどうやって管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ではないでしょうか。

プライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告時に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードの明細でも同じ処理が必要になります。

クレカでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用のページでまとめて過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならば事前にレンタカー会社へ車載器管理番号などを確認しなければ照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですがたくさんカード会社が存在していて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か挙げておきます。

発行手数料、年会費が無料に設定されているのがライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

次に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費を機にする方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどで給油した時にもポイント還元が発生します。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通過する際、何事もなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが起きたら車載器からエラーの警告音が出ます。

ゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも開きません。

バーが上がらなかった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

もしバーが開かない場合はバーに接触しないように車を停めましょう。

その際、焦って車外に出ないようにしましょう、事故につながります。

バーの手前にインターホンがあるのでスタッフの指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して処理しますがその際もETC割引は適用されるので安心してください。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから親からカードを借りてくる。

という学生の話を見かけます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約に本人以外の利用が禁じられているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座からまとめて後日引き落とすという形をとっています。

この支払制度は名義人本人と会社の間でのみ信用が成り立っているから可能になっています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

ここぞというタイミングでトラブルが起きる方っていますよね。

というのもこの前ETCカードを使おうと思ったら財布の中から見つからなかったんです。

財布の中からETCカードが見つからなかったんです。

気づかぬうちに失くしてしまったようです。

こんな時の対応にあまり慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクという部署で手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料はかかってしまいますが手続きをしてから2週間しないうちに再発行されたカードが届きました。

このように急なトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞く回数が増えてきました。

中には独立して法人化を行い社長となる人も増えているそうです。

特に独立したばかりの個人事業主の方は慣れない経理業務がとても面倒だと感じているそうです。

特に計上回数が多くなりがちな交通費は毎回領収書を出して保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号口座・法人口座からまとめて一括で引き落として経費参入しておきたいですよね。

高速道路料金で使用するETCカードも同じようにしたいはずです。

基本的な作り方は個人用のカードと同じで法人専用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、法人用カードの発行は独立したばかりの人にとって1つの関門と言われるくらい審査に通りにくいようです。

車で遠方に出かけるときに便利なETCカードですが、取り扱っている会社が多くてどのカードを申し込めばいいか迷ってしまいます。

カード会社によってどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大体3タイプに分かれており、1年間利用するしないに関わらず、年会費無料のタイプ、年間で1回以上の利用があると年会費がかからなくなるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく毎年、年会費が発生するタイプがあります。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料の場合、ほとんどの場合更新費も有料になっていることが多いです。

高速道路の料金所でストレスなく通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその利用率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約90%が使っていたそうです。

ほとんどの方がETC無線通行を利用しているということです。

料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが通常料金では約3000円と大きく違います。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で申し込み、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

車に乗る方の多くは便利なETCカードを作っていると思います。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

クレカを持っている方の場合はサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

ここでは現在カードを持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方なら年会費無料のライフカードがいいでしょう。

高速道路を使わなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

このようにポイント還元率やライフスタイルから自分に合ったカードを探してみてください。

長期休暇を利用して友達と車で旅行をする際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

ETCカードを発行するにはクレカを発行する必要があり、クレカをすでに所持している場合はそのまま追加申し込みをして問題ないですが新規でクレカを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特典や年会費の有無など違いがあるので自分の利用状況に合うカードを探してみてください。

買い物などの色々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードを使って高速道路を利用しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードで買い物をした時にはスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様のポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにクレカとETCで同率付与されるカード会社もありますが、多くの場合ではETC利用時の付与率は少なくなっていることが多いようです。

最近では少なくなっていますが、ポイント付与がないカードもあるようなので高速道路をよく利用するなど皆さんの生活環境から選ぶようにしましょう。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用することが多いですか?一般レーンを使って現金・クレカ払いの人もまだいますが高速を利用する方のほとんどがETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCで無線通行をするとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、高速出口の料金所で券や現金を係員とやりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

2つ目の大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例に挙げると割引前は普通車の料金が約3000円のところ、割引適用でETCレーンでは800円と半額以下になります。

大学進学や新社会人になったのを機に車の免許を取って遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

まずはじめにETCカードは購入するものではなく申し込みをして入手するものになります。

クレカなどのように申し込みをして取得するものになります。

高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと呼ばれるものと一般的に普及しているクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

対応していなければ新しくETCも発行しているクレカを申し込みましょう。

皆さんは高速道路を走行する時にETCカードを使っていますか?もし使っていないならすごくもったいないです。

どうしてかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の道路利用料が30%オフになるんです。

他にも休日割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

ここまで読んでETCを使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は現在お持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうか新しくクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。