ほけんの窓口は火災保険の相談でも大丈夫?

月の収支がギリギリ、でも貯金はしたい!と思ったときに支出を減らしやすい簿はどの項目でしょうか。

お子さんがいる場合は食費はなるべく減らしたくないですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、毎月支払っている携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

携帯料金を節約しても家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人の感想を見ると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは連絡がマメなところが信頼できたそうなので皆さんも相談をする際は信頼できる担当者を見つけましょう。

豪華な商品がもらえると言うキャンペーンで相談者を募集している保険無料相談サービスをネット上で見かけます。

大半の方が、フォームから保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、疑問解消後のアンケート回答などを商品贈呈の条件にしている企業が多いです。

別の注意点として、申し込んだからといって必ずしも面談ができるわけではありません。

特に、中小規模の相談サービスでは、大手サービスに比べてFPの登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

テレビなどのメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、実際の利用方法が不明な部分もあります。

なので、ここでは無料相談の利用方法について調べてみました。

一般的な流れとして、ネット等で相談日の予約をし、落ち着いて話せる自宅やカフェなどの希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

当日、担当者に会ってからは、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険などに関して確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから条件に合う保険を提案します。

提案後、相談者のライフプラン・将来の希望に対して保障内容のどういったところが合っているかを一緒に確認します。

2017年に出された金融庁からの指導により保険無料相談後に高額なギフト券を相談者へプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指導を受けて各サービスでは、商品券から「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券やギフト券をプレゼントしているキャンペーンで行っているサービスがありますが、これは明確なルール・法令違反なのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険の相談を考えているのならば、キャンペーン目的ではなくサービスを提供している会社の評判などを調べてから選びましょう。

今すぐに相談をしたいなら街中にある保険ショップという選択肢もあります。

保険の見直しというと店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりと直接面談するのが普通かと思いますが、中には電話での話合を請け負ってくれる会社もあるそうです。

流れをたどってみますと、まず電話の時間予約をネットやフリーダイヤルなどで行ったら、あとは担当FPさんからかかってくるのを待つだけ。

通話料もかからないとのこと。

この方法だと必要ないと感じたときに話を切り上げやすいので、顔を合わせるより気楽だと感じる人も多いかもしれません。

保険の見直しならならほけんの窓口がおすすめです。

自宅で保険の面談をした際に不安なことに、提示されたプランに納得いかない場合断れるかは気になるところでしょう。

普通の会社なら強引なセールスは厳禁ですし、担当者と合わなければ違う人にかえてもらえたりといったサポートを用意してくれています。

また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、事前連絡などの際まずは相談だけで良いという希望をこちらから明示しておくというのもひとつのテです。

自分の実力に自信を持ったFPさんであれば即決して欲しがることもないでしょうし、問題ないと思います。

テレビのCMを見て保険無料相談を頼んだけれど、いまいち相談者の要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談サービスを利用してみるのはどうでしょう。

有料相談の値段は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料のメリットとしては、料金をもらっているので保険相談がメインとなり無理に契約を狙うものではない。

実績のあるFP、優秀なFPなど平均レベルが高いことが多い点です。

そのため、相談者目線でアドバイスをしてくれます。

また、有料相談を行なっているところは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という点もその基準への自信の表れでしょうか。

有料は嫌だという方は、担当者を変えるなど何度も無料相談を行なってください。

近年、ペットの家族化が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気や怪我の治療で動物病院に行った際にかかった費用を保障する保険です。

日本全国、どこの動物病院でも入院給付金や手術給付金を受け取れるほか、ガン給付金や死亡給付金などのオプションがついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチン接種は適用外になりますので若いペットで病気にかかる可能性が低いと考えている場合は必要ないという方もいます。

保険料や内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも取扱をしていますので相談してみましょう。

無料で保険の相談に乗ってくれる会社の中でも、テレビでCMを流したり全国に店舗があったりして多くの人に知られているのが「ほけんの窓口」ではないでしょうか。

来店型の中でも世間の認知度が高い会社なので、少し調べるだけでも口コミや体験談が山ほど見つかります。

初めてのFPさんとの面談では知識を深めるところから行い、質問をしても嫌な顔せず答えてくれるとのことで満足度が高いという評判が多いようです。

また取扱っている商品の数も多いので、いろいろなプランを比較検討しやすいでしょう。

保険の営業の人に案内されるがままに保険に加入してしまって実は、内容をしっかりと把握できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを使ってみてはいかがでしょうか。

保険の知識がなくてもFPが今はどんな保険に入っているか、今のライフプラン、将来の希望に合う保険ではなかった場合、より現場に合う保険の相談に乗ってくれます。

また、相談した結果、必要のなかったオプションを外したり別の保険に乗り替えることで保険料が減ることもあります。

また、FP紹介サービスの中にはサービス利用時に条件を満たすとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

時折見かける、「保険無料相談をすると牛肉プレゼント」というキャンペーン、なぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

少し前まではFPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

ここ数年で急速に有料で保険相談をする時代が終わり無料で相談ができるようになりました。

保険は人生にいて2番目に高い買い物と言われ、自社の保険を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料相談サービスが増えたことで獲得しにくくなった金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

件数を増やしたいという考えから始まりました。

インターネットの中では、保険無料相談会社についてのクチコミが多くあることがわかります。

それは多くの人がこのままで良いものか心配している表れでもあり、機会があるなら専門家の意見を聞きたいと感じているということでしょう。

そしてやはり面談自体についても不安があるのだと思います。

特に訪問タイプについて評判が知りたい人も多いかと思いますが、重要なチェックポイントはFPさんの知識量や提案、またこちらの希望に沿った提案をするつもりがあるかどうかです。

気になった会社を調べる際には、それぞれの会社のFPさんについて詳しく調べましょう。

テレビで保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談サービスもあるの?ということです。

元々は保険相談は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を案内してくる人が中にはいます。

逆に、有料相談では、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

例えば、人から何かを勧めらたり推しが強いと断れないという人がいます。

そういう人の中には、保険無料相談を行った際に自分の希望ではない新しい保険を勧められ、きっぱりと断れなくそのまま契約してしまう。

その結果、自分の生活環境に合わない契約内容になっているなど様々なトラブルにつながる可能性があります。

なので、ここでは断り方、信頼できる担当者探しのポイントについて書こうと思います。

見極めるポイントの1つとして相談した際に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言うことが必要です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし無理に引き止めてくる、強制的な勧誘をしてくるようなら信頼できないFPと言えます。

一時期、様々なところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘合戦では額が大きすぎて本体の金額よりもキャッシュバックされる額の方が大きいようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも同じように商品券プレゼントをしていました。

そういったキャンペーンを見なくなりました。

それもそのはず、総務省や金融庁が発表した指針で高額なキャッシュバックや高額なギフト券がもらえるキャンペーンをしないように指導したからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変更しているサービスもあります。

参考:ほけんの窓口の相談に持っていくものは?保険証書の持参は必要か?

保険相談の無料サービスを提供している会社は、われわれの想像以上にたくさん存在します。

その中で間違いない会社を選びたいなら、おすすめはFPさんの質が高いところです。

何社かにわたって依頼したという人の話によりますと、どんなFPさんと話をするかによって、同じ内容のはずでも提案されるものが違うことが多いようです。

実際契約をするとなると、FPさんとの関係は長く続きます。

顧客側の希望をきちんと反映してくれるだけでなく、心から納得できるプランを提案してくれるようなFPさんが数多くいるようなところを選びたいですね。

保険を見直すときにはこちらから行くにしろ向こうに来てもらうにしろほとんどが直に顔を合わせるものですが、数ある会社の中には電話でアドバイスをしているところもあるようです。

どうすれば良いかというと、まず電話の時間予約をネットやフリーダイヤルなどで行ったら、そのあとは予約時間を待つだけで良いわけです。

もちろん0円でできます。

これだと提案に不満があれば即終わりにしてしまうこともできるので、直接顔を合わせるよりも話しやすい人も多いかもしれませんね。

世間では人生で2番目に高い買い物は保険と言われています。

失敗しないようにぜひじっくり選びたいものです。

そういった場合にうまく活用したいのが、無料相談です。

大雑把に大きく分けると来店型と訪問型とがありますが、中には面談やアンケートで特典が付くところも。

商品券や図書券、現金などがもらえるそうです。

一万円に満たない額がほとんどですが、数社からもらえたら一万円以上にはなると思います。

プロに不安を解消してもらえるうえにプレゼントがあるなんて、嘘みたいにお得なお話ですよね。

保険相談の際は大きく分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

すぐに決めさせようとしてこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、満足なアフターケアも期待できないので一度離れた方が良いかもしれません。

できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

将来のことを考えて保険を契約しようか考えている方、保険の加入を考えているなら相談サービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選び方もいいのですが黒毛和牛肉など景品をプレゼントしているサービスもあるんです。

申し込みの流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談をした後にアンケートへ回答するなど条件を満たすともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちもわかります。

最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPを契約解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

例えば、人から何かを強く勧められると断れないという方がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を勧められ、きっぱりと断れなくそのまま契約してしまう。

その結果、自分のライフプランに合わない保障内容になってしまうなどトラブルの報告を聞きます。

なので、ここでは断り方・信頼できるFPの見つけ方について書こうと思います。

基本的には「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われており、本当に担当者がお客様目線に立ってくれているなら無理には引き止めないはずです。

もし強引に引き止めてくるようなFPは信頼できないのでサービス元に連絡をしましょう。

保険の見直しならならほけんの窓口がおすすめです。

様々なメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、実際の利用方法がよくわからないこともあります。

そのため、ここでは無料相談の利用方法について調査しました。

一般的にどのサービスもインターネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

当日、担当者に会ってからは、将来の希望や保険に関する疑問、現在加入している保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから条件に合う保険を提案します。

再度、ライフプラン・将来の希望と照らし合わせて保障内容や名付きの月額を一緒に確認します。

一般的に良い評判よりも悪評の方が頭に残ってしまいます。

ライフプランの見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスではどんなイメージがあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談前の人の多くが「相談したら強引に保険に加入させられそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみた人によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、説明内容や物腰が柔らかくて本当に相談だけでも大丈夫だったなど持っていた印象とは全く違うことがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

Tポイントやポイントサイトで景品と交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

高額ポイントの付与キャンペーンをしているサービス名が聞いたことのないものばかりで本当にポイントがもらえるのか心配ですよね。

こう行ったキャンペーンの名上がれとしては、数回の面談を実施し、アンケートに回答するとポイント付与という流れが多いです。

そのため、最初の面談等で相談者に契約の見込みがないと見られたらその後の面談がなかなかできないなどポイント付与の条件に満たないようにすることがあります。

そのため、ポイントが欲しいからという目的で申し込むのはやめましょう。

毎月の支出をどうにか低くしたい、というのは少なからず皆さんも思っているはずです。

保険料金が節約できるかもしれません。

最近、テレビのCMなどでも耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても利用して大丈夫なの?相談に行ったら強制的に契約しなきゃいけなさそうで行きにくい。

という気持ちも出てきてしまいますよね。

ご安心ください、保険に関する知識がなくても大丈夫です。

保険内容の確認だけでも相談可能です。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

タダで保険の相談にのってもらった際、いるいらないの判断ははっきり言えば良いのですが、細部まで丁寧に説明してもらったりこちらに合わせた資料をたくさん用意してくれていたりすると、決め手に欠いた場合に言い出し辛いことがあるかもしれません。

自分のお金、さらに人生に関わることなので、すぐに決められないということもあるでしょう。

例えばうまくいく断り方としては、自分でも考えたいので連絡はいらないときっぱり言っておくことです。

それでもしつこいようならその会社のサポートに連絡しましょう。

家計がギリギリ、でも貯金はしたい!という方はどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

一番削りやすいのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできればそのままにしたいですよね。

次に思いつく人が多いのは、毎月の携帯電話料金です。

格安SIMに変更することで月額を抑えるという方法です。

それでも家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログを見ると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の方は担当者さんの対応が親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できる方が担当者になるまで様々なサービスを利用するのも良さそうです。

保険を見直す時期といわれるライフイベントがあります。

一例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く保険に対する知識がないとどうしたらいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを使ってみましょう。

現在、保険に入っている人でも年収や支出などが契約当時と比べて状況は変わっていると思います。

なので、無料相談で今のライフプランや希望に合っているか、いざという時にきちんと保障で守られるかを改めて見直しましょう。

相談した結果、内容はほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらを比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

その中で特に見るべき点としては、実際にFPさんと会えるまでの流れの簡単さや、提案できる商品が豊富にあるかどうか、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

人生で2番目に高い買い物と言われているものですので、満足のいく結果が出るまでじっくり検討を繰り返しながら、「この人なら信頼できる」と思えるような人と最終的に先のことを決めていくのが良いでしょう。

保険は家に次いで多額の出費になると言われています。

見直しをするにも細心の注意を払う必要があります。

考えられるトラブルについては事前に把握し、対応できるようにしておきましょう。

多くの人が一番心配なことは押しの強い勧誘だと思います。

不安点ばかり強調したり、利点についての説明だけされたりして納得できる提案がないままうやむやに決断させようとしてくるようなパターンです。

不安なときはこちらの要望を伝えたうえで少し時間を置きましょう。

きちんとした会社なら担当者を替えるサポートも用意されています。

大切なことですから雰囲気に流されることなく自分で決断しましょう。