おまとめローンに通りやすい銀行は?審査基準は甘いのか?

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

多重債務を1本化できるおまとめローンは借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

月々の返済総額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますが東京スター銀行おまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますから東京スター銀行おまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

東京スター銀行おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや返済だけしかできないカードローンだということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

東京スター銀行おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

テレビCMでお馴染みのアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますがみずほ銀行の借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

東京スター銀行おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在、利用しているローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行の東京スター銀行おまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

東京スター銀行おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですので東京スター銀行おまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。

何件もの金融業者からお金を借りていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので前向きに検討することをおすすめします。

東京スター銀行おまとめローンを利用することで月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と消費者金融の東京スター銀行おまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

東京スター銀行おまとめローンを提供してる金融業者もありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんがアコムやアイフルなどの消費者金融の東京スター銀行おまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

東京スター銀行おまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、アコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんのでなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合は東京スター銀行おまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

東京スター銀行おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済総額は、東京スター銀行おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、アコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが東京スター銀行おまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

参考:おまとめローンの審査が通りやすい所は?【低金利でおすすめの銀行】